休学留学に行くならどの学年がいい?

休学留学に行くならどの学年がいい? 休学留学するなら、大学生活を2年間送り第3学年の間にというタイミングがベストです。
多くの大学生がこの時期に休学留学しています。
2年間たっぷり大学生活を楽しみ友人も増えて、そろそろ他のことにも挑戦してみたいというのがちょうどそこなのです。
2年間勉強していればある程度お金も貯まっていますし就職活動までにまだ1年、そういった意味でメリットは多いです。
2年生で行くとなると大学でのコミュニティーが狭くなってしまいますし、留学に関する情報集めも不十分です。
4年生で行っていると就職活動の波にすっかり出遅れてしまうことも、海外の文化に影響され過ぎたがゆえに皆がスーツにメイク・髪色までそろえている日本の就職活動に妙に違和感を持ってしまい、それがマイナスに働くこともあるのです。
ただ、3年生というと部活やサークル活動で主軸となって活動できる楽しい時期ですからそれを留学に浸かってしまうのは勿体ないという考え方もあります。

休学留学は就活準備と学年を意識するのが重要

休学留学は就活準備と学年を意識するのが重要 休学留学は、認定留学とは異なり在学中の大学を休学して行うことになりますのでその分余裕を持ったプログラムで学習をすることができます。
国内の大学は休学することになりますので、学年を意識して就活準備をいつするのかということは事前に考えておくようにしましょう。
一般的に、休学留学に適しているタイミングは2年生から3年生と言われています。
この期間内であれば、1年間の留学をすることも可能ですし就活準備にも間に合わせることができるためです。
就職の準備のために留学をして経験を積んでおきたい、という人が多くその目的を果たすためには2から3年生での留学が最適ですが1年間でなくても半年間という短期間で渡航する人もいます。
半年間であれば、比較的就活にも負担が少ないですし費用面でも敷居が低くなるといったメリットもあるためです。
休学留学は、社会人になってからではブランクになってしまう留学をスムーズに行うために最適な手段です。